「日本産魚類検索 第三版」
-全種の同定-

編集中坊徹次
出版社東海大学出版
ISBN978-4-486-01804-9
価格35,000円
スズメダイを始めとして水中で見た魚が何だったのか調べる際に避けて通れないのが本書「日本産魚類検索」です。2013年2月、第2版に続き待望の第3版が刊行されました
編集は京都大学の中坊先生です。この図鑑の特徴は2011年3月31日までに公表された種のすべて合計359科4210種類を線画で収録していることと、見た魚の特徴を辿っていくと最終的に「この魚は○○です」という結論に達する検索性です。2011年4月1日から2012年12月31日までに新種あるいは初記録として公表された種については検索には組み込まれていないものの第3巻の「分類学的付記と文献」の中で紹介されているという念の入れようです。
そのため第2版では2巻組だったものが3版では3巻組となり価格も35,000円と値上がってしまったものの、このような画期的な図鑑はその価格で入手を躊躇すべきものではないでしょう。
この図鑑の第2版については、その画期性は広く海外にも知られており「Fishes of Japan with pictorial keys to the species, English edition」として英語版(平成14年)も出版されています。